OETリスニングの勉強法! おすすめ教材も紹介

OETリスニングの勉強法! おすすめ教材も紹介 English

OETリスニングの勉強法! おすすめ教材も紹介

今回はOETのリスニングの勉強法についてまとめていきたいと思います。

OETと言うのは国際的な医療英語の試験です。詳しくまとめてありますのでこちらもご覧ください。

しかしこの試験は極端に情報が少なく、また教材もなかなか手に入りにくいと言う欠点があります。そこで今回私が私の経験を通して学んだ事を中心に勉強の仕方などをまとめていきたいと思います。

今回の記事を読むとわかること

  • OETリスニングの概要
  • 勉強法
  • 試験のコツ
  • 教材

OETのリスニングテストとは

OET exam

リスニングテストは合計42問で約40分で行われます。リスニングテストは3つのパートに分かれています。リスニングの音源は1度のみ再生されます。

パート A

コンサルテーションのような会話で5分間のスピーチが2つですこのパートは患者さんと歩スペシャリストの人が会話している状況を聞いてノートを取ると言う試験です。回答の仕方は穴埋めで開いている欄に単語を書き込んでいくと言うスタイルです。

スペルは100%正確に書く必要はなく、多少の間違いは許されます問題は12問が2つの文章で合計24点分です。

パート B

職場での会話やミーティングアナウンスなどそれぞれ1分程度の会話で、全6問1分程度の短い会話を聞いて選択肢の中から内容が合っているものを選ぶと言うものです。6問あり1問が1点の計算です。

パート C

プレゼンテーションや講義等の内容を聞いて内容の正しいものを選ぶものです。内容としては誰かが病気について説明しているだとか、誰かの仕事の内容を詳しく説明しているなどのものがあります。

これは2つのそれぞれ約5分程度のスピーチを聞いて正しいものを選択すると言う問題です。問題は6問を2つの文章で合計12問の点分です。

リスニングの勉強法

OET test

基本的なリスニング力の向上

まず基本的なリスニング力の向上が必要です。OETの教材を使わずに他の教材を使って、効率よく上達させたほうがいいと思います。IELTSの教材を使うなどが私のお勧めです。

やり方としてはリスニングの教材を使いスクリプトを見ながらオーバーラッピングをしていくと言う方法がお勧めです。詳しくはIELTSの時にまとめてみましたのでそちらもご覧ください。

単語を勉強

リスニング試験のパートAでは単語の穴埋めをしなければなりません。その際に出てくる単語と言うのは、医療系の専門用語が多いです。例えば、イブプロフェンだとか薬の名前なども出てくることがあります。

通常の英語の勉強ではそのような単語を勉強する事はないので、医療に特化した単語を勉強する必要もあります。

サンプルテストと公式ブックの問題を解く

OETはテストのサンプル数がとても少ないです。そのためしっかりとオフィシャルの問題は解いておいた方が良いと思います。何度も解いてしっかりとスクリプトも確認し、一語一句理解し書けるようにしておくのが良いと思います。

Preparation information
English language test for healthcare professionals, approved by governments, regulators and educators for visas, registration, study and work.

オンラインコースを受ける

先ほどからOETのテストの教材は少ないと繰り返していますが、やはりテスト対策にはある程度の問題を解くことが必要です。そのため何らかのオンラインコースを受けることが必須になってくると思います。オンラインコースでは、たくさんのマテリアルを手に入れることができます。

OETのコツ

OET exam

医療系英単語をしっかりと理解する

やはり試験を受ける上で単語がわからなければ、試験を理解することができません。そのためしっかりと最低限の単語は身に付けておくべきだと思います。

また模擬試験等の中に出てきた英単語を片っ端から暗記していきました。もし医療系の専門書が手に入るのであればそれを苦手なところから手をつけて語彙を増やしていくと言う方法も良いかもしれません。看護であれば総合看護の本、以下のものがお勧めです。

パートBとCは細部を理解するのではなく全体を理解する

OETのリスニングテストではIELTSほど、ひっかけのような問題は出ません。どちらかと言うと素直に内容を理解するといった形で問題が問われます。そのためリスニングを聞いて全体的なイメージや意味をとらえることが、問題を解く上でとても重要です。

オーストラリア英語になれる

OETの試験団体はオーストラリアのメルボルンにあり使われている英語が、オーストラリア英語が多いです。すべてではありませんが、オーストラリア英語になれるのがリスニングを解く上でポイントです。また使われる英語はイギリス英語なども出てきます。そのためオーストラリアで留学をしたことのある人やオーストラリアで看護師を目指している人には点の取りやすいテストともいえます。

OETリスニング対策の教材

単語帳

医療用の英単語帳は多くないため、私はキクタンの医療英語の単語帳を使い勉強しました。オーディオも付いていて何度も繰り返し学習をすることで覚えることができました。


[音声DL付]キクタンメディカル 2. 症候と疾患編 キクタンメディカル・シリーズ

オンラインコース

OET Online

こちらの学校は私も利用していました。古くからある学校で置いてに対する理解もとても深く、講師の指導も的確でした。こちらの学校ではズームでの授業のほか、1対1のチュートリアルを行ってくれ、その中でライティングの採点やスピーキングのロールプレイの練習もしてくれました。

Home | OET Online
OET Online Courses

E2 language

私もこちらの学校を使用しました。質の良い教材がたくさんあるのが特徴だと思います。こちらの学校にはOETのコースだけではなくIELTSやPTEのコースもありますが、こちらのOETのコースは教材の1番レベルが高いと思います。これは私の個人的な意見ですがこちらの学校はメルボルンにあり、試験の団体もメルボルンであるため何かのコネクションがあってとても詳しい情報が流れているような気がします。コースはナースとドクターのみのようです。

OET Online: Master the Exam with Expert Guidance
Elevate your language skills with E2Language: Your trusted partner for OET online preparation. Ace the OET exam confidently with expert guidance.

ラジオ

オイティーのリスニングではオーストラリア英語がメインになっています。そのためオーストラリアでのラジオ番組、特に健康問題を扱った番組を聞くのが良いと思います。ABC(australian broadcasting corporation)ラジオなどが最適です。英語の聞き取りの向上だけではなく単語力の向上にもつながるはずです。以下のpodcastがお勧めです。

Health Report with Dr Norman Swan and Tegan Taylor - ABC listen
Specialist and mainstream audiences alike rely on Norman Swan to bring clarity to health and medicine — within social, scientific and political contexts.

オフィシャルサイトの無料教材

OETのオフィシャルサイトには無料のサンプルテストがあるのでそちらは必ずやるようにしてください。最低限公式サイトやオフィシャルブックはしっかりやっておくことが必要です。もちろん公式サイトやオフィシャルブックの問題は実際の試験にとても近いためです。

またオフィシャルブックの購入の仕方としてはKindleのアンリミテッドに入っているので1ヵ月間の無料期間でたまに試してみるというのが1番お勧めです。

Preparation information
English language test for healthcare professionals, approved by governments, regulators and educators for visas, registration, study and work.

OET Nursing: Official Practice Book 1: For tests from 31 August 2019 (English Edition)

YouTubeチャンネル

OETのテスト団体が作っているYouTubeのチャンネルもありますのでそちらも参考にするべきだと思います。

まとめ

今回はOETのリスニングテストについて

  • OETリスニングの概要
  • 勉強法
  • 試験のコツ
  • 教材

をまとめてみました。

何か参考になれば嬉しいです。

Copied title and URL