領事レターとは?海外でコロナ陽性になってしまったときは?

Australia life

今回は領事レターと呼ばれるものについてまとめていきたいと思います。

私は現在オーストラリア在中で、日本帰国を控えた約2週間前にコロナに感染してしまいました。そんな中、領事レターというものがあるということを知りました。

そして私の住んでいるオーストラリアパースの管轄の領事館、在パス領事館に電話で問い合わせをしましたので、その内容をまとめてみます。

国によって対応が異なっていたり必要書類が違っていたりなど違いがあると思いますので、あくまで参考にする程度で実際に必要な場合は直接現地領事館にご自身で問い合わせるようにしてください。またこれは現在2022年7月18日現在での状況ですので、変更も今後あるかもしれません。

今回の記事を読むとわかること

  • 領事レターとは何か?
  • 領事レターを出してもらうにはどうすればいいのか?

領事レターとは何か?


そもそも領事レターとは何なのでしょうか。

領事レターと言うのは、海外から日本に帰国する際に陰性証明を取得することができない時に、領事館等から特別に手紙をもらい、それをコロナの陰性証明とするものらしいです。

私も領事レターと言うものの存在は知りませんでしたが、Weekend Digital Nomad Dice-Kさんの動画を拝見し知る事になりました。とてもいろいろなケースなどを説明してくれているのでとても参考になります。このようなニッチな話題でありますが、発信してくださる方に本当に感謝いたします。



現在、海外から日本に入国する際には72時間以内のPCRの陰性証明が必要になってきます。しかし一度コロナに感染すると、PCRが陰性証明になるまでに人によっては1ヵ月以上もかかる場合があるそうです。そのような場合は領事レターと言うものを取得し入国することが可能です。

そもそもコロナ感染後、症状がなく人に感染をさせる可能性がない場合でもPCRは陽性になることがあります。大抵の場合、コロナ感染後1週間からぐらいは感染の可能性がありますが、その後は人にうつす可能性は少なくなるそうです。人に感染させる可能性がないにもかかわらずPCRが陰性にならずに日本に帰ることができないと言う人に例外的に領事館がレターを出すと言うものらしいです。

領事レターを出してもらうにはどうすればいいのか?

領事館に問い合わせをしたところ以下の書類が必要になってくるということでした。

GP (かかりつけ医)からの回復証明


病気の期間や隔離期間、現在症状がないことなどが記載されている必要があります。

PCR テストの結果


これは陽性である必要があります。またRAT(簡易)テストではなくPCRテストでないといけないそうです。
(オーストラリアの場合はたいていのPCRテストはテキストメッセージで送られてくるため、提出にはスクリーンショットで可能と言うことでした。)

フライト情報


これは日本向かう分だけでよいそうなので、行きの飛行機のチケットの情報が必要とのことでした。どの便で帰国するのかを提示する必要があるそうです。

パスポート情報


パスポートの写真のページのコピーが必要だそうです。



私の問い合わせた在パース領事館ではこの領事レターの発行は必要書類を午前中にEメールで提出してもらえれば、午後には発行することができると言うことでした。(大使館の方はとても親切でよく対応していただきました。ありがとうございました)

しかし、帰国が週末の便の場合は注意が必要だと言うことです。領事館は土日閉まっているため事前に領事レターを取得する準備をしておく必要があると思います。


この領事レターと言うのは72時間前のPCRテストを免除すると言うものらしいです。そのため、一度PCRが陽性になってしまった場合は、わざわざ陽性になっているかわからない帰国72時間前のPCRテストを予約して受けるより、陽性の段階で準備する方が良いと思います。(ちなみに帰国72時間前のPCRテストは、日本の場合、特別な検査や書式があり注意が必要です。そして検査には費用もかかってしまいます。)

まとめ


今回は領事レターと言うものについてまとめてみました。

72時間前のPCRテストで陰性が間違えない場合は問題ありませんが、一度感染し陽性が出るかもしれないと言う場合は前もってこの領事レターを取得のために準備しておくのが安全かと思います。

繰り返しになりますが、国によって異なる場合や今後変更等もあるかと思いますので、領事レターが本当に必要な場合は、直接、領事館に問い合わせるようにしてください。あまり領事レターと言う情報は一般的に知られていないようなのでこのようなものがあると言うことを発信することで何かのお役に立てれば本当にうれしいです。

Copied title and URL