Canvaを使ってみた感想 【無料】と【有料】の違い

Canvaを使ってみた感想-Canva無料と有料の違い Australia life
Canvaを使ってみた感想-C無料と有料の違い

Canvaを使ってみた感想 【無料】と【有料】の違い

今回はCanvaを使用してみたのでその無料版と有料版の違いについてまとめていきたいと思います。

Canvaと言うグラフィックデザインのアプリケーションはご存知でしょうか?

現在はたくさんのSNSでも画像がとても重要で利用されたことがある方も多いかもしれません。

Canvaには無料版と有料版がありますが、その使いがなかなかわからない方や有料のCanvaに変更する価値があるのか知りたい人にその魅力をまとめていきたいと思います。

今回の記事を読むとわかること

  • Canvaとは
  • クチコミや評価
  • 私の経験
  • Canvaの有料と無料の違い
  • 有料版の良いところ気になるところ
  • こんな人におすすめ

Canvaとは

Canvaとは、グラフィックデザインのプラットホームで自分で簡単に画像や動画の編集ができるものです。

プラットホームにはウェブ版とアプリケーションのバージョンがあります。

キャンドルの魅力はなんといっても充実したテンプレートです。かっこいいデザインがたくさんあるのでそれを真似するだけでデザインのことがわからなくても、おしゃれな画像を作ることができることです。

Canvaを使用するとインスタグラムの投稿やストーリー、プレゼンテーション、YouTubeサムネイル、ズームバーチャル背景、ロゴ、チラシやポスターや名刺、Twitterのヘッダー、FacebookやLinkedInやPinterestの投稿、動画全般の編集などが可能です。本当に幅広い用途で使用することができます

クチコミや評価

あこがれの写真ズーム効果のついた画像づくりがワンタッチ

itreview

Twitter・Instagramの画像づくりに重宝

itreview

ロゴ・アイキャッチ・プレゼン資料作成まで幅広いテンプレート

itreview

テンプレートが盛りだくさんなのでインスピレーションを受ける

itreview

などの良い評価があるようです。

また気になる点として

UIはいいしなかなか軽快。日本向けテンプレが…

itreview

という意見もあるようです。

私の経験

私は最近このブログのために、いろいろな画像を必要としてきました。

1番初めはこのウェブサイトのアイコンのロゴを作りたくてCanvaを使用しました。その後とても使いやすくすっかりはまってしまい、毎回ブログのアイキャッチ画像を作るのはCanvaを使用してきました。

もともとテンプレートがあるのでそこに自分の内容に合った写真を埋め込み、文字を私のブログの内容のテーマに変えるだけでとてもおしゃれな画像が完成します。その後私はいろいろなSNSのプロフィール画像やヘッダーもCanvaを使い作成してきました。

やはり画像と言うのは文字よりもインパクトが強いので、ウェブサイトやブログ、またSNSなどもかっこいい写真があると目を引きますよね。Canvaはその点で本当に簡単でおしゃれな画像ができるのでお勧めです。

Canvaの無料と有料の違い

Canvaには無料、有料、エンタープライズの3種類のバージョンがあります。エンタープライズは個人では使用できないため今回は内容を割愛します。

Canvaの無料バージョンでは15万点を超える無料テンプレートを使用できます。100種類以上のデザインから選ぶこともできます。また5 GBのクラウドストレージも完備されており、はっきり言って無料版でも充分に活用できる内容になっています。

有料版は月1500円、年払い12,000円となっています。

内容は無料の機能に加え1億点を超えるストックの動画写真を利用することができます。また無料版に追加し61万点以上のプレミアムテンプレートも使用することができます。100 GBのクラウドストレージも充分すぎる容量です。

有料版の良い点

ストック写真が多い

私がブログ作成で記事を書いているとイメージに合った写真を探すのがとても重要になってきますか、毎回見つかるかというとそうでもありません。

しかしCanvaの有料版に変えてからはその苦労がほとんどなくなりました。ほぼイメージにあった画像が見つけられます。

Canvaの有料版にはとても多くの写真だけでなくイラストもありほとんど見つからないものがないほど充実していると私は思います。

いろいろな有料画像サイトなどから写真を有料でダウンロードすることもできますが、値段が1枚100円以上するため複数になってくるとなかなか値段が張ります。しかしCanvaの有料版は月額使用料であり枚数制限がないためお勧めです。

Canvaの写真をそのまま使用する事は規約上できませんが、その写真の編集を少しすることでイメージ通り写真をたくさん用意することができると考えると月額1500円、年間12,000円と言うのは大変お得だと思います。

無料版のCanvaではイメージが他のサイトと被る可能性が高いですが有料版を使用していると他のウェブサイトとはかぶらないイメージを選ぶことも簡単です。

背景リムーバー

無料版ではなく有料版のみである機能として、背景リムーバーと言うものがあります。

自動で写真の切り抜き等ができるものです

Photoshopでも背景を切り向くことができますが、自分で切り取る部分を指定していかなければいかないため時間がかかるというふうに聞いています。

しかしCanvaの背景リムーバーでは自動で背景を削除してくれます。そのためとても簡単に切り抜きができます。またこの機能はなかなか優秀で自分の思った切り抜き抜きにしてくれるのですが、もしもうまくいかなかった場合も手動で微調整可能なため自分の思った切り抜き作ることが可能です。

複数のSNSに同じ画像を投稿できる

複数のSNSに同じ記事を載せたい時に画像とサイズを変える必要があります。

しかしCanvaではそれ自動で行ってくれます。例えばインスタストーリー使用したものをTwitter画像にもしたい場合もボタン1つでサイズを変更してくれます。

またSNSと連動機能もしているためボタン1つでCanvaのページからSNSに投稿も可能です。さらにスケジュール機能もあるため投稿したい時間を設定することも可能です。複数のSNSを持っているとなかなか画像のサイズを変えるのはなかなかめんどくさいですが、これが簡単に可能なのはとても便利です。

有料版の気になるところ

日本的なイメージのものは少ない

他の人のクチコミでもあったのですが、Canvaはオーストラリアの企業のアプリケーションのため日本的な画像が欲しい時に見つけることがなかなか難しいです。

例えば日本人の画像や日本のお祭りや文化などといったイラストや画像は難しいと思います。私の場合で言うと英語勉強のブログを書いているので英検や試験また就活といったような内容のイメージを探すのはなかなか難しかったです。

しかしながら海外のようなデザインなので、実際はとてもおしゃれで私は気にいっています

こんな人にオススメ

複数のSMSを使用しており、一度に同じ投稿をしたい

SNSの発信やブログを作成、さまざまな資料作成をしていて、イメージ画像が必要な人

周りからあか抜けたおしゃれなデザインを作りたい人

まとめ

今回はCanvaの無料版と有料版を使用した感想を中心にまとめてみました。

Canva有料版のデメリット気になる点は1つしか考えられず、本当にCanvaの有料版を使用する価値があると私は感じています。

何か参考になれば嬉しいです。

Copied title and URL